イソフラボンと更年期障害

中高年になって、閉経を迎えた女性に訪れる症状として更年期障害があります。
更年期障害とは、体内のホルモンバランスの変調により起こります。

症状としては、身体がほてる、頭がもうろうとする、何かにつけやる気がおきない、
気分が落ち込みやすい、のどの渇き、肩こりがひどい、耳鳴りがするなど、
簡単に解消できない大変な問題です。

40代後半から50代を超えた人で、悩まされている女性は膨大な数にのぼります。
イソフラボンにはこの更年期障害の改善をしてくれる効果がありますので、
中高年の人にとっては耳よりな話題です。

更年期障害はホルモンバランスの崩れです。
中高年の閉経を迎えた女性は、女性ホルモンが急激に減少します。
これを機に体の中が大きく変わるのです。

そこで女性ホルモンと似たような構造とはたらきをするイソフラボンを摂取するといいといわれています。
その急激に減少する女性ホルモンとはエストロゲンというものです。
これと似た働きをしてくれるので、エストロゲンの急激な減少をカバーできるというわけです。

エストロゲンの具体的なはたらきを紹介します。
肌の新陳代謝を促してくれる美肌効果があります。
美容に特に気になる女性にはうれしい効果でしょう。

また、血液中のコレステロールや中性脂肪を血液中に溜めないようにする効果があり
動脈硬化の事前予防という働きがあります。
骨を作ってくれる働きを促進します。

定期的、周期的に生理をもたらしてくれます。
生理不順のときには、身体がだるかったり、疲れやすかったり、
何か気分が乗らないということもありますが、それを改善してくれます。

上記のような悩ましい症状を解決してくれるかもしれないイソフラボンを是非摂取しましょう。
イソフラボンは納豆、味噌汁、豆乳、や豆腐などの大豆製品に主に含まれています。

更年期障害のつらさ、不安感などは男性には分からないものです。
周囲の人たちにも理解されないことが多いので一人で悩んでばかりいないで、
イソフラボンを一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらにはイソフラボンで女性らしさと健康のキープについて掲載されています。
女性の方はこちらも必見です。是非お読みください。