イソフラボンと骨粗鬆症

中高年以降の女性にみられる症状として骨粗鬆症http://www.flooved.com/isohurabonn.html
があります。
これは、骨がつくられるスピードよりも骨が吸収されるスピードの方が速くて、
骨自体がすかすかになることです。

骨に多くの小さい穴が増える症状です。
骨に強度がなくなるので、骨折しやすい体になります。
それにより歩けなくなって、寝たきりになることもありますのでこの症状は油断できません。

この骨粗鬆症は中高年の特に閉経後の女性に見られることが多いのです。
閉経とは、月経がなくなるということです。

この閉経による作用としてはエストロゲンの不足がみられます。
エストロゲンというのは、女性ホルモンのひとつです。
閉経になるとこのエストロゲンが分泌されにくくなるので、骨にとっては問題なのです。

エストロゲンの働きは、カルシウムを骨にとどめておくというものです。
ホルモンが少なくなり、不足する事によって、このように骨に異常が起きるというわけです。

このように骨の密度が小さくなり、骨の強度が弱くなると
今までのような日常生活が送れなくなることを考えると対策を打たなくてはなりません。

骨が元に戻るということが無いので、とても骨粗鬆症を食い止める措置をとる必要があります。
骨粗鬆症で悩まれている方にはイソフラボンを是非お勧めしたいです。

このイソフラボンの効果はいくつかあります。
まず、イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを制御する働きがあります。

また、骨を作る細胞が増えるのを促進します。
それによって骨の空洞や穴がたくさんある状態から、
骨の密度が高い状態になる手助けをする働きがあるのです。

閉経を迎えるまでは骨粗鬆症になるのを抑えてくれていたエストロゲンと
同じような作用、効果をもつものがイソフラボンです。

したがってイソフラボンをしっかりと摂取して、骨粗鬆症の進行をくいとめていただきたいのです。
イソフラボンの1日の摂取量はこちらに目安が解説されていますのでご覧ください。
年齢を重ねたからといって、骨粗鬆症になってしまってはこれかの人生が色あせてしまいます。

しっかりと好きな所に自分で歩いていけるようにいろいろな所に旅行に行けるように、
ぜひイソフラボンを摂取していくことをお勧めします。
その他のイソフラボンの効果についてはこちらのサイトをご覧ください。 xn--eck7bvd2a5dzc.cc