イソフラボンと動脈硬化

イソフラボンは動脈硬化の進行を抑える働きがあります。
動脈硬化とは動脈が詰まる、血液の流れが悪くなるということです。
血液にコレステロール、中性脂肪がたまることで引き起こります。
動脈硬化は、イメージとしては、血液がドロドロになるようなものです。
これが血液がさらさらになれば、目詰まり、血液の塊などが出来る事もないでしょう

このような動脈硬化に期待できるのがイソフラボンです。
主に大豆製品などに含まれている最近注目されているのがイソフラボンです。
このイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。
女性ホルモンの一種のエストロゲンと呼ばれるものが重要です。

このイソフラボンは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果があります。
どろどろ血液から動脈を流れやすい血液にするのです。

そして、女性にとっては特に年齢が高くなればなるほど、女性ホルモンが減少、不足しますが、
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、女性ホルモンの不足をカバーをします。

このように良い事が多いイソフラボンですので、ぜひともイソフラボンが多く含まれている
大豆の食品をしっかりと定期的に摂取していきたいものです。

大豆の製品といえば、納豆、みそ、しょうゆ、豆腐、豆乳などがあります。
かなり一般的な食品で毎日、これを摂取している人も多くいる事でしょう。

食べやすさ、味もとても気軽にできるものなので、
もし、あまり食べていない人は、意識して摂取してみるといいでしょう。

無理をせず、高い薬品、サプリメントのようなものだと少し抵抗はあるでしょうが、
あまりお金をかけることなく動脈硬化の予防が出来るのであればとても好ましいですね。

大豆製品は女性ホルモンと似た働きをするエストロゲンだけでなく、
コレステロールが酸化して、体内で悪影響を与えるのを抑えるという働きもあります。

以上のような理由から身近な食品の大豆製品、ぜひおすすめです。
また生活習慣病の予防も大切ですが、保険の検討もオススメします。
こちらの学資保険の口コミランキング比較もご覧ください。