イソフラボンと骨

イソフラボンって何?
イソフラボンは大豆胚芽に多いフラボノイドの一つです。
代表的な大豆イソフラボンには、ダイゼイン、ゲニステインなどがあり、
全部で15種類が確認されています。

↑にはイソフラボンの効果など知っておきたい情報が沢山掲載されています。是非ご覧ください。


女性に多い骨粗鬆症は、骨の中身がスカスカになって、もろくなるという病気ですが、
卵巣から分泌されるエストロゲンという物質が、カルシウムを骨に蓄えて、
骨を丈夫にするためのサポートをする作用があります。
カルシウムを蓄える事が出来れば、骨の密度も高くなって、骨を丈夫に保つことが出来るのです。

女性が年齢を重ねて、中高年になっていくと骨を丈夫にするサポート役の
エストロゲンという女性ホルモンの分泌が少なくなります。
骨を丈夫に出来ないので、そこで大豆イソフラボンが役に立つというわけです。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするのが大豆イソフラボンなのです。
大豆製品を食べることによりイソフラボンを補おうとしても
そもそも充分な量を摂取する事ができません。

女性ホルモンが減少する事によりエストロゲンの働きが悪くなります。
そうなると骨はもろく空洞になり、骨粗鬆症になってしまうということです。
しかしこれには個人差があるので、50歳以上の女性が全て骨粗鬆症になるというものではありません。

このような状態になるリスクは高いので、ある程度の年齢になったら、
意識して女性ホルモンを補った方が良いでしょう。
イソフラボンの効果的なとり方はこちらを参考にすると良いでしょう。

女性ホルモンが少ない事により、ほてり、発汗、うつ病、腰痛、肩こりなどの
更年期障害の原因となります。
女性ホルモンを加える事ができればいいのです。

しかし、ホルモン剤のような医薬品をを使用すると、
身体が受け付けないという場合もあったり、気分が悪くなったりすることも考えられます。
その不足を補うのは、イソフラボンがかなり有効であることは、よく分かりました。

いつまでも若々しく、健康でいられるように身体によい健康グッズなどを楽しんでいきたいです。
その一つとしておすすめなのが青汁です。
青汁の売れ筋ランキングがありますのでこちらを参考にご購入を考えてみてはいかがですか?


↑にはイソフラボンの成分など、イソフラボンについて更に詳しく掲載されています。